ホワイトニングをすると虫歯になりやすい?

ホワイトニングをすると虫歯になりやすい?

ホワイトニングをすると虫歯になりやすい?

ホワイトニングをすることによって、黄色くなってしまった歯を再びきれいな白い歯にすることができます。最近では自宅でも行うことができるようになってきているため、手軽に誰でもホワイトニングができるようになってきています。しかし、中にはホワイトニングをすることによって、虫歯になってしまうのではないかと考えている人もいるようですが、ホワイトニングをしたからといって、虫歯になりやすくなるということはありません。なぜなら、ホワイトニングは歯を削って白くするのではなく、漂泊するという手段を用いて行うので、歯を消耗させるわけではないからです。漂泊するためには薬剤を使用するので、多少歯を溶かすというデメリットはあるかもしれませんが、歯は再石灰化するので、もとの状態に戻ります。もし、ホワイトニングをすることによって、歯の表面を削ったり、歯自体がもろくなるようなことをすれば、虫歯になりやすくなるということも言えるでしょうが、ホワイトニングの場合はこういった状態にはなりません。ですから、虫歯になるかどうかは、ホワイトニングというよりも、毎日の歯磨きや食生活、体質などが大きく関係してくるということがいえます。歯磨きに関して言えば、毎日ゴシゴシと必要以上に歯を磨いている場合は、歯の表面が削れてしまう危険性があるので、虫歯になりやすくなるということが言えます。いずれにしても、歯を白くすることができたとしても、自然と元に戻っていくので、虫歯と同様に自分なりにケアをしていくということが大事になってきます。例えば、着色料が多い食べ物を控えたり、喫煙を控えたり、食後に歯磨きをしたりといったケアは、虫歯と同様に歯を白く保つために必要になってきます。
歯を白くする歯磨き粉の口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ